キャロリーヌ

0120-150-407

第18話 冨永プロ、1年間お疲れさまでした!

 

いらっしゃいませ、イガラシ様、お待ちしておりました!

はいはい、キャロちゃん今日もよろしくね〜
っと、あれ、冨永プロじゃないですか〜!
どうも、お久しぶりです!!

どうもどうも、イガラシさん、久しぶりだね

冨永プロ、シーズンが終わられて、体のお手入れにいらしてたんです

そうですかー、いやー、冨永プロ、今年も1年間お疲れさまでした!

どうもありがとう
イガラシさんもキャロリーヌの皆さんも、試合の応援に駆けつけてくれてとても嬉しかったよ

いえいえ
それよりも冨永プロ、2年連続のシード権獲得、おめでとうございます!

おめでとうございます!!

ありがとう
やはり来年も試合に出られるというのはありがたいことです

今年はどんなシーズンでしたか?

そうだね、深堀圭一郎プロや桑原克典プロ、手嶋多一プロら、若い世代がどんどん入ってきたね
今までは、高橋勝成プロ、尾崎建夫プロ、飯合肇プロといったベテランが引っ張ってきたわけだけど
シニアツアーも世代交代が進んでいるよね

冨永プロとしては、今年はトップ10フィニッシュが3回(フートン・ヨートクシニアカップ 3位タイ、すまいーだカップ 6位タイ、コマツオープン 5位タイ)と、特に前半は調子が良かったですね

その通り、前半戦が調子良くて、結構早い段階でシード入りが見えたんだよね

どのあたりですか?

ちょうど折り返しの、9月のコマツオープンあたりだね
それで気を抜いたわけではないんだけど、後半戦で調子を維持できなかったのが反省だね

なるほど、、、

冨永プロ、今年一番印象に残ったのはどの試合ですか?

やはりコマツオープンだね

最終日、最終組でまわられましたよね!

うん、マークセンと一緒にね

あの強そうな選手ですよね、、、

 
 
 
 

実際に彼は強いよ
だけど、これまでは圧倒されてちょっと歯がたたない、というカンジだったんだけど
この日は自分のゴルフができたんだよね

優勝はウィラチャン選手でしたね

そう
マークセンが17番で2回OBを叩いてしまってね
勝負の怖さを見たよ

マークセンさんほどの方でも、優勝のプレッシャーって凄まじいんですね、、、

その通りだね

冨永プロ、ズバリ、来年の抱負を聞かせてください!

まずは来年もシード権を確実にものにしたいね
それから、

それから?

それから?

やはり1勝したいね

キャー、冨永プロが優勝するところ、見てみたいです〜

勝つために必要なことって、何でしょうか?

何か一つ、武器を持つことだね

武器、ですか、、、

そう、どれも平均的に良いだけでは、プロの世界では勝つことは難しいからね

冨永プロの武器はなんですか?

やはり100ヤード以内、だね
アプローチと、パット

やはりそこですか〜

そうだね
アプローチに自信があれば、強気で攻められる場面があるけど
自信がないと安全に行ってしまいたくなるよね

私、アプローチが苦手です、、、

そう言えばキャロちゃんもゴルフ始めたんだったね

はい、そうなんです!
ゴルフって楽しいですね!

イガラシさんのゴルフの調子はどうなの?

いやー、相変わらずなんですよ、いまだにスライスがなおらなくて
あとバンカーが大の苦手です

ちょっとアドバイスして差し上げようか

え!ホントですか!!
スゴイ、プロにアドバイスいただけるなんて!

冨永プロ、私にもお願いします!

それでは、次号のお楽しみにね

ふぁっ!

ふぁっ!

(続く)

リーヌさん一言解説
「冨永浩プロ」

 

キャロリーヌ、トレーナーのリーヌです。
冨永プロ、1年間のシニアツアー参戦、本当にお疲れさまでした。
私も昨年の最終戦、いわさき白露シニアゴルフトーナメントを鹿児島・指宿まで応援に行かせていただき、プロの試合の迫力に感動しました。
今年も4月のノジマチャンピオンカップの応援に箱根カントリーまで駆けつけました。
プロゴルファーは文字通り体が資本、1年間の激しい戦いを終えてオフに入られましたので、是非またキャロリーヌでお手入れさせて頂きたいと思います。
私どもキャロリーヌスタッフ一同、来年も全力で冨永プロを応援します!

PAGE TOP