キャロリーヌ

0120-150-407

第17話 ゴルファーズエステが楽器の演奏に・・・?!

 

いらしゃいませ、イガラシ様、お待ちしておりました!

はいはい、キャロちゃん今日もよろしくね〜
、、、あれ、そちらのお客さまは?

 

ちょうど良かったです、イガラシ様にご紹介しますね
こちらフルート講師のユキミ先生です

初めましてイガラシさん、ユキミです
お噂はかねがね伺っておりました

え、、、あ、、、、は、、、どうも、、、
イガラシです、、、
えっと、、、お噂ってのはいったいどんな、、、

ユキミ先生は、編集長K様にフルートを教えていらっしゃるんですよ

げ、編集長K氏、フルートなんて習ってるの?
ちょっと意外すぎる、、、

Kさん、もうフルート教室に通われて2年半ほど経ちます

へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜

イガラシ様、そのリアクション、昭和です。

(せめて平成だわい💢)

ユキミ先生も、K様のご紹介でキャロリーヌに通ってくださってるんですよ

(編集長K氏、ナゾが深まるばかりだ、、、)

そうなんです
私、そもそもエステに行ったこと自体なかったんです

そうなんですか

ええ
私たち楽器奏者は、練習で腕を磨くことはあっても
自分の体のケアは意外とおろそかにしていることが多いんです

なるほど

はじめはクーポンをいただいたので「ものは試し」程度の軽い気持ちで来てみたんですが

いまではすっかり常連さんですよね♡

とにかく初めての「ゴルファーズエステ」体験のあと、自分の体の変化にびっくりしました

どんな変化ですか?

まずは基礎代謝が上がったのか、体がずーっとぽかぽかして
家族の中でも私だけ暑がってひとりで汗をかいてたり
それからおトイレがとっても近くなりました

なるほどなるほど

それから、翌日いつも通りフルートの練習をしようと思って
楽器を手にしてみたら、
あれ?
と思うほど楽器が軽く感じたんです

えー、ホントに?

はい
それで実際に音を出してみたら、ロングトーンがいつもよりラクに出せたんです
これって、たぶん肩甲骨の可動域が広がった結果、いつもより肺に空気をたくさん取り込めるようになったからじゃないかと思います

えー!
ねえねえキャロちゃん、この話って、どっかで聞いたような気が、、、

イガラシ様!そうなんです
前回のナツタロウ様のマラソンのお話と似てますよね

あら、そうなんですね
私、施術の数日後が誕生日だったんです
誕生日は毎年恒例で、庭で写真を撮るんですけど
その写真が例年と比べて明らかに顔がほっそりして目がぱっちり開いてて

そんなにはっきりと!

お友達に見せたら「息子さんと姉弟に見えるね」なんて言われちゃました

わあ!よかったです

とにかく楽器の演奏は、見た目よりもはるかに重労働なんです
フルートの演奏は基本立ちっぱなしで、首は常に左を向いた状態を維持しているので、首や肩の凝りは尋常じゃありません

はい、ユキミ先生、はじめは筋膜リリースができないくらいのガチガチな状態だったので、2回目からは「リンパ快源」で少しずつほぐしていったんです

そうそう
首や肩は自覚していたんだけれど、腕や脚まで固くなってたみたいです

ユキミ先生、フルートのお仲間さんや他の音楽仲間さんにもご紹介くださったんです

そうなんです
フルート奏者のお一人は、体が冷たかったのが、キャロリーヌに通ってだいぶ温かくなって
別のピアニストのお友達は、弾く姿勢が楽になって、弾いた後の疲れが以前より少なくなったそうです

嬉しいです!!

ピアニストの方は、小顔になるのでコンサート前にも利用したいって言ってました
私も年末にコンサートがあるので、本番に合わせて予約を入れなくちゃ

ユキミ先生、ありがとうございます!!

ゴルファーズエステは音楽家の皆さんにも効果があるんだねえ

ゴルファーズエステじゃなくて、ミュージシャンズエステに変えてほしいくらいです

ふぁっ!

フルート、はじめようかなあ・・・・・

(続く)

 

リーヌさん一言解説
「楽器演奏とエステ」

 

キャロリーヌ、トレーナーのリーヌです。
ユキミ先生、エステの効果が楽器演奏にも現れたようですね。フルートやピアノに限らず、同じ体勢を維持し続ける楽器の演奏は、体に大きな負担を強いています。音楽家の皆さんにとって、腰痛や肩こりは半ば職業病みたいなもの。キャロリーヌのエステは、それぞれの症状やお悩みに合わせて最適な施術を施します。音楽家の方は、人に見られるお仕事でもありますので、お顔やお肌の状態を良くするためにもエステをオススメしたいと思います。

 

PAGE TOP