キャロリーヌ

0120-150-407

第19話 冨永プロ、勉強になります!

 

イガラシさん、スライスに悩んでるんだよね

そうなんです、2打目はいつも林の中からか隣のホールからか、、、

スイングの時、何を気をつけている?

そうですねえ、やっぱりボディターンですね!
アマチュアはどうしても手打ちになりがちですもんね

イガラシさん、そのボディターンていう言葉、実は和製英語なんだよね

えぇ!!
ホ、ホントですかあ?!
だって、外国の選手だって体を回転させて打ってるんじゃ、、、

アメリカでは、ヒップターンとかショルダーターンとかは言うけど、ボディターンとは言わないね

そうなんですか、意外すぎます!

歳を取ってくると体も硬くなってくるし、あまり体を動かそうとせず、振り子の原理で振る方が
ヘッドスピードも上がるよ
体を動かそうとすると、かえって無駄な力が入ってヘッドスピードが遅くなることもあるよ

目からウロコです、、、、、

基本的に、体の正面で打てればスライスはしないからね
アマチュアの方は、体を使いすぎてミスをしちゃってるケースがよくあるね

勉強になります

それからバンカーが苦手って言ってたね

苦手ですね〜

イガラシさん、バンカーショットの時はどんなスイングしてるの?

まずピンに対してオープンに構えて、サンドウェッジのフェースを開いて、それから左脚体重で、しっかりコックして、アウトサイドインでボールの手前から打ち込んで、、、

イガラシさん、それ、ずいぶん難しくない?
我々プロならその打ち方でもいいけれど、アマチュアには難しすぎるよね

はい、難しいです
ではどうやって打てばいいんですか?

まずスタンスは普通にスクエアに

え?

フェースは開かずに

え?

スタンスを広くして、腰を落として重心を下げて、クラブは短く持って、
あとは普通にスイング

え、え?
それって普通のスイングと変わらないじゃないですか

その通り
入射角も、鋭角に入れずに鈍角に、シャローに入れる
軌道もアウトサイドインじゃなくて構わないよ

そ、それでバンカーから出せるんですか?

出せるよ
いま石川遼プロもこの打ち方だね
海外でもジェイソン・デイやジャスティン・ローズもそうだよ

今度試してみます!

冨永プロ、私の悩みも聞いてください!

キャロちゃんの悩みは何かな?

やはり飛距離ですねー
女性のアマチュアゴルファーの多くが、もっと飛ばしたいと思ってます

そうだよね

何かよいトレーニング方法はありますか?

うん、いろいろあるけど、
やっぱり素振りが一番だね

え、素振りですか?
意外とシンプルですね、、、

素振りをすることによって、スイングに必要な筋肉が付くからね
少し重めのクラブを持って、自分理想のスイングを「ゆっくり」10回

スローモーションみたいなカンジですか?

そうそう
1回1回しっかりと、右足の踏ん張りを意識してね

はい!

次は、通常のテンポでまた10回
最後は逆向きに、左打ちを10回

それなら私でもできそうです♪

それをできれば毎日、無理だったら週に3〜4回やるといいね

頑張ります!

振るのは、クラブの他に竹ぼうきとか、バットでもいいよ

はい!

あと、女性は体が柔らかいから、スイングの時に軸が動いてしまう人が多いね
足はベタ足の方が安定するよ

勉強になります!

冨永プロ、キャロリーヌのゴルファーズエステは、アマチュアゴルファーにも効き目ありますか?

もちろん!
肩甲骨の可動域が広がるから、飛距離は間違いなく伸びるよ

わぁ、ありがとうございます!!

具体的にはどういうことなんですか?

肩甲骨が開くということは、それだけトップが深くなるということだよね
要はスイングの助走が長くなるということだから、その分ヘッドスピードが速くなるからね

なるほど

私、今日帰りに素振り用のバット買って帰ります!

(続く)

 

リーヌさん一言解説
「ゴルファーズエステ」

キャロリーヌ、トレーナーのリーヌです。
冨永プロにご監修いただいたゴルファーズエステについても、あらためてその効果を解説していただきました。キャロリーヌのマッサージは、「筋膜ほぐし」「リンパドレナージュ」「アロママッサージ」「整体」の4つの要素を凝縮させた、「筋膜リリース」がベースになっています。
筋膜の癒着により動きの悪くなった肩甲骨をリリースすることで、ゴルフのプレイにも目に見えて違いが表れるようです。ゴルファーの皆さん、是非一度ゴルファーズエステを試してみてください。

PAGE TOP