キャロリーヌ

0120-150-407

第22話 コントラバス奏者の山本修さんのかかりつけ医とは?

キャロちゃんまいど〜、今日もよろしく〜

、っと、うわっと!
なんだこのデッカイ物体は!?

いやいやこれは失礼、私の商売道具がお邪魔しました

あ、いえいえ、
ていうか、
このデッカイ物体はいったい、、、

イガラシさん、いらっしゃいませ!
ご紹介しますね、こちらはコントラバス奏者の山本修様です

あ、これは、どうも、
なんかすいません、大変失礼なことを、、、

いやいやこちらこそ失礼しました

、ということはこのデッカイ物体は、ひょっとしてコントラバスですか?

そうです、大きいでしょう?
重さは約15キロ、高さは180センチ位あるんですよ

そんなに!
それじゃあ運ぶのはもちろん、演奏するにも体にずいぶん負担がかかりそうですね、、、

そうですねえ、クラシックのコンサートはとにかく演奏時間が長いでしょう
その間ずーっと同じ姿勢でいるので、どうしても足腰に負担がかかりますね

山本様は、もう5年以上前からの常連さんでいらっしゃるんですよ

それはそれは
最初のきっかけは何だったんですか?

それまでは整体とかにも行ってたんですけどね、どうもしっくりこなくてね
リンパのマッサージをしてくれるところを探してたんだけど、男性を受け入れてくれるサロンがなくてね

キャロリーヌを見つけてくださりありがとうございます!

いやこちらこそ
スタッフの対応が優しく丁寧で、サロンの雰囲気に癒やされました
すぐにファンになりましたよ

わぁ〜。ありがとうございます、感激です!!

コントラバス演奏は、具体的にどんな体の悩みとか症状が現れるんですか?

演奏中は基本的に左膝で楽器を支えていますから、膝と腰にはいつも負担がかかってますね
右手は弦に圧力をかけながら大きく動かすので肩もこります
なにしろ楽器が大きいので全身疲れますよ

いつもどんな施術を受けてるんですか?

だいたいリンパのマッサージですね
その日の特に辛いところ、膝とか腰とか肩とかを重点的にほぐしてもらいます
終わると血流が良くなるのがわかりますね

あのー、私もそうだったんですけれど、男の人がエステサロンに来るのって、抵抗なかったですか?

ありましたありました、最初の頃はアウェー感を感じていましたよ
この女性のための場所に自分のような男性が、果たして足を踏み入れて良いものなのかと

よーーーーくわかります

けど食わず嫌いというか、慣れてしまえばゼンゼン、ね
今ではお手入れが楽しみですよ

今はもう定期的に通ってくださってますよね!

そうですね
演奏会の後は必ず予約を入れますね

やはり演奏会は体力の消耗が激しいのでしょうね

それもあるし、やはり演奏は集中するので精神的な疲れを感じることもありますよ

体だけじゃなく心も疲れてしまうんですね

そうだね
そんなときにも、キャロリーヌのマッサージは体のコリと一緒に心も優しくほぐしてくれるね
心も体もリフレッシュできる、貴重な時間ですよ

ありがとうございます〜

ところでキャロちゃん、先日は来てくれてどうもありがとう

そうなんです!
実は先日、サロンのスタッフで山本様のリサイタルを聴きにお邪魔したんです!

え、いいなぁ!
(なんで誘ってくれないんだ💢)

皆さんで来てくれてありがとう、嬉しかったよ

そのとき初めて、山本様が実際に演奏しているお姿を拝見して、
スタッフみんなで「あんな大きな楽器をあんな風に扱うから、体のあそことあそこにこういう負荷がかかってコリや痛みが発生するんだ」
って、山本様のお疲れの原因を研究してしまいました

(ちゃんと演奏に集中しろ💢)

そんな風に分析してくれて、ありがたいね
キャロリーヌはまるで、私のかかりつけ医ですね

そのお言葉、ありがたいです!

(続く)

リーヌさん一言解説
「かかりつけ医」

 

キャロリーヌ、トレーナーのリーヌです。
コントラバス奏者の山本修様、私も先日リサイタルを聴きにお邪魔しました。
お客様のお仕事の現場を拝見できるのは、私どもとしても体の不調の原因を知る、とても良い機会でした。
お客様の不調の原因や、その日の具合、調子に合わせて施術内容を微調整し、最適なサービスを提供する。
また、お客様ご自身が気がつかない体の不調を見つけて差し上げることもあります。
私たちは医者でこそありませんが、まるでかかりつけ医のような存在でありたい、山本様のお言葉は胸に沁みました。
これからも山本様の演奏活動を全力でサポートさせていただきます。

PAGE TOP