COLUMN健康美コラム

夏の肌荒れ、吹き出物を撃退!コツは身体を冷やさないこと

エアコンをつける画像

こんにちは。今回コラムを担当します新宿店の松本です。セミの声がますます賑やかな今日この頃ですが、お元気にお過ごしですか?夏の暑さというのは、女性のお肌にさまざまなダメージを与えます。吹き出物などのトラブルの原因と解消法について紹介したいと思います。

■エアコンが女性の体に及ぼす悪影響

エアコンがもたらす症状の一つに「冷え症」があります。エアコンの効いた部屋にいるときに「ちょっと寒い」と感じた事はありませんか?この状態を長時間あるいは毎日続けていると身体は大きなストレスを受けている状態になります。やがて、自律神経がダメージを受け、体温調節が上手くできなくなります。そうして、出現するのが冷え性です。

また、冷え症になるとなかなか身体が温まらず、汗をかきにくくなってしまうこともあります。汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内に溜まってしまい、全身のだるさや疲れという症状が現れてしまいます。さらに悪化すると、夏だけでなく一年中冷えに悩まされることになってしまいます。

厄介なことに冷え症は手足が冷えるというだけでなく、鼻水や喉の痛み、頭痛といった風邪に似た症状をから全身のだるさや疲れ、食欲不振、下痢、イライラ、肩こり、腰痛、肌荒れ、生理不順などさまざまな症状を引き起こしやすくなります。とくに注意したいのが肌荒れです。

■エアコンとの上手なつきあい方

エアコンは空気を乾燥させるため、長時間エアコンが効いた部屋にいると乾燥肌となり、吹き出物ができてしまうことがあります。じつは乾燥も吹き出物の原因なのです。肌表面はベタついているのに、内側が乾燥しているインナードライが起きやすいのも夏場ならではの特徴です。エアコンによって血行が悪化し代謝が下がることで、肌に新鮮な血液や栄養が届かなくなるため、ますます吹き出物は悪化します。

エアコンの標準的な設定温度は26~28℃が良いとされています。しかし、人によって体感温度は異なるので、あくまでも自分が寒いと感じない温度に設定してください。風向を調節して、エアコンの風が体に直接当たらないように注意しましょう。また、涼しい風が吹いている日などは、エアコンを切って窓を開けるのもひとつの方法です。

お風呂上りにエアコンで急激に身体を冷やすと体調を崩しやすくなるので、湯上がりはとくに要注意です。オフィスなどで細かい温度調節が難しい場合は腹巻やカーディガン、膝掛けなどで自衛することも大切です。特に腹巻は効果的です。冷えから胃腸を守り、腹部を温めてくれます。また首、手首、足首など「首」とつく部位を温めることも重要です。シャワーだけではなく、きちんとお風呂につかる、階段を使うなど、簡単な運動もオススメです。リフレッシュ効果やストレス解消にもなり、自律神経を正常化するにも役立ちます。エアコンの風で失われた水分はまず身体の中から水分補給が必要です。水をこまめに飲み水分補給をしましょう。

エアコンによる肌荒れが進むと、皮脂が過剰分泌されることがあります。しかし、ベタつくからといって脂取り紙などで皮脂を取りすぎてしまうことがないよう注意しましょう。こまめに水を飲むことが大事なように、ミストによる保湿やオイルで皮脂を整えたりするのも良いでしょう。ただし、ミストをした時は必ずハンドプレスを忘れずにして下さい。自然に蒸発させるとかえって乾燥を招いてしまうので要注意です。また、帰宅後はできるだけ早くクレンジング・洗顔を行い、汗を洗い流すようにしましょう。

まだまだこれからが夏本番ですが、エアコンをガンガン効かせた部屋ばかりにいるのではなく、一日一回は外出し、軽く汗をかく事も冷え症改善には効果的です。夏でもツルツルお肌を目ざしましょう!

PAGE TOP