COLUMN健康美コラム

毛穴が目立つときに心掛けたい食生活のポイント

毛穴

「毛穴が増えた気がする」「毛穴が原因で肌がくすんで見える」など、女性なら誰でも毛穴が気になるはずです。テレビや雑誌で見かける女優さんやモデルさんは、毛穴が少なくて羨ましいと感じる方もいると思います。しかし、実は毛穴の数は老若男女で変わることはありません。そこで、どうして毛穴が目立ってしまうのかと、毛穴を目立たなくするためのポイントをご紹介します。

有害物質が原因で毛穴が目立つ

人間は、およそ20万個の毛穴があると言います。これは、生まれたときから数は変わりません。しかし、赤ちゃんの肌はとてもキレイです。おそらく、多くの人が、赤ちゃんは毛穴が少ないと感じると思います。なぜ、毛穴が目立ってしまうのでしょうか。
年齢とともに毛穴が目立ってしまう理由は、皮脂の質と分泌量が影響しています。身体の中に溜まった有害物質は汗腺ではなく皮脂腺から排出されるのですが、このときに汚れが目立ってしまうのです。
有害物質とは、食事に含まれる防腐剤や添加物、着色料などが挙げられます。たとえば、お菓子やジュース、コンビニやファストフードの食事などの摂りすぎによって、毛穴が目立ってしまうのです。

動物性たんぱく質の食べ過ぎに注意

お肉や乳製品に含まれる動物性脂肪なども、摂りすぎると身体にとっては有害物質です。では、動物性脂肪はどのように摂るのがよいでしょうか。
動物性脂肪食品が含まれる食べ物を選ぶときは、低脂肪または無脂肪タイプのものにするとよいでしょう。たとえば、牛乳やヨーグルトなどは低脂肪・無脂肪などのタイプが登場しているので、それらを選ぶのがおすすめです。
また、動物性たんぱく質が身体の中に入るとホルモンが刺激されます。すると、皮脂の分泌量が増え、毛穴の詰まりが起きてしまうのです。ニキビや吹き出物の原因にもなってしまうため、動物性たんぱく質の過剰な摂取はおすすめできません。特に、女性ホルモンのバランスが変化しやすい生理前は、乳製品は極力摂らないようにしましょう。

食事バランスに気を付けると、皮脂腺から分泌される皮脂の質がよくなります。すると、毛穴が目立たなくなるので、赤ちゃんのようなお肌を手に入れることができます。美味しいものを食べたくなりますが、毛穴のことを考えると節制したほうがよいと感じるはずです。透明肌を目指し、食生活を意識してみるとよいでしょう。

PAGE TOP