COLUMN健康美コラム

素肌と対話していますか?

エステ-イメージ03-小

こんにちは(^O^)/今回コラム担当の熊谷です!
本格的な夏到来ですね!
湿度も高く汗や皮脂も分泌が増すこの時期。
1年の中で最もスキンケアに力を入れたい時期だと私は思います。
ただ、現代女性はとにかく忙しい!!!
ここ近年は、女性の労働時間は男性並みに長い事が当たり前になり、役職を持つ女性も珍しくなく、活躍がメディアに取り上げらる事も多く同性として励みになりますよね!が、その反面睡眠時間が短く、寝る時間帯もどんどん遅くなっています。
その合間のスキンケアは当然、短縮したり、ケアが雑になりがちです。早く寝たいからと急ぎクレンジングが強い摩擦になったり、化粧水が肌に馴染む前に乳液を付けたり...。
でも、その結果翌朝の仕上がりに大きな差がでている事に気付いていますか??
忙しい中でもお肌に対してちょっとした気遣いでお肌は応えてくれます。

では、優先順位として
洗顔についてお話ししましょう!
洗顔の重要性はお客様のお話しを伺っていると年々浸透してきているのを感じます。ですが、その洗顔方法こそが重要だと言うことがまだまだご存知ない方が多いのが、現状です。
この時期ならではの要注意ポイントが肌がべたつくからしっかり洗顔したくなる事です。

前日、こういうお客様がいらっしゃいました。肌がごわごわして、汚れがたまっている気がするから毛穴洗浄をやった方がいいですか?と。「洗顔して素肌を見てから判断しますね」とお伝えし、肌に触れた処、物凄く乾燥していたのです!詳しく伺った処、乾燥肌の肌にも関わらず、べたつきが、気になりだしスクラブ入りの洗顔フォームでごしごし洗顔されていました。よってサロンケアは毛穴洗浄ではなく、保湿ケアに入りました。
乾燥がひどくなると、お肌は足りてない水分を補おうとして過剰な皮脂分泌をします。つまり過剰な皮脂分泌は水分を与えることで抑えられますし、ごしごし洗顔でごわごわになってしまったお肌の汚れを落とすのはかなりお肌の負担になってしまうのです。

今回は当社の洗顔パウダーを購入して頂いた上でそのお客様にはこのようはアドバイスしました。
泡立てた後、ベタつきを感じているTゾーンにまず泡を載せ撫でるように馴染ませてその後にUゾーンに馴染ませ洗うのです。どうしてもUゾーンから泡を載せがちですが泡立てた直後の泡が一番洗浄力があるので、UゾーンからではなくTゾーンから載せてしっかり落とし、後半に乾燥しやすいUゾーンを洗うとお顔全体のコンディションのバランスが取れます と。
これは私が考えるスキンケアレシピの1つのパターンです!
肌を見て、触って、スキンケアの仕方を少し変えてみるだけでグッと翌朝の肌の感触が変わるのです!
日々の洗顔しての感触や、洗顔後の肌を見たり触れたりしながら、化粧水の量を増やしたり、季節によって美容液を目元だけしてみたり・・・・と、様々ですが、皆さんも是非、日々の素肌と対話して自分だけのスキンケアレシピを作って見て下さいね(^_-)-☆

 

PAGE TOP