COLUMN健康美コラム

女性ホルモンを増やすアロマがあるって本当?

女性ホルモンを増やすアロマがあるって本当?

最近、肌がくすんでいる。髪にツヤがない。生理が不順。疲れやすい……それはもしかしたら女性ホルモンの減少が原因かもしれません。キレイに健やかに毎日を過ごしたいなら、女性ホルモンはとても大事です。

女性ホルモンに役立つアロマって?

そもそもアロマとは、精油や植物由来の香りを利用して、心身にリラクゼーションをもたらし、ストレスを解消し、外傷を治癒させたり病気を予防しようというものです。西洋の漢方とも呼ばれ、副作用なく自然治癒力を高めるといわれています。

アロマで使用される精油にはさまざまなものがありますが、その中には女性ホルモンの分泌を促すものがあります。精油の芳香が脳に刺激を与えて滞っていたものを蘇らせるのです。

女性ホルモンの分泌を司っているのは脳の視床下部ですが、ここをアロマで刺激することは身体の全体的な健康を整えるのにも役立ちます。なぜならば視床下部は自律神経を司る部位でもあるからなのです。

女性ホルモン改善におすすめのアロマ

女性ホルモンを活性させたい時におすすめのアロマのひとつがローズオットーです。50本の花からわずか1敵しか抽出できないという非常に貴重なものですが、月経不順や月経前症候群などの改善にも有効といわれています。血行促進や抗炎症作用もあり、お肌をひきしめる効果もあるそうです。

また、カモミール・ジャーマンもおすすめです。ヨーロッパでは何世紀も前から使用され、古くから女性特有の悩みに対応してきた精油としても知られています。カモミール・ジャーマンにはカマズレンという成分が含まれていてリラックス効果が高く、心身の緊張をほぐして女性ホルモンの健やかな分泌を促します。

カモミール・ジャーマンとならんで不安感を取り除く効果が高いことで知られているのがネロリです。ビターオレンジの花から抽出される甘い香りで幸福感が味わえると女性の支持を集めている精油です。更年期障害や月経前症候群の症状を緩和する働きがあるともいわれています。

アロマを体験するには?

そのほか、女性ホルモンの分泌を助けてくれる精油はさまざまなものがありますが、乱用は要注意です。最初はどの精油を使うべきかもよくわかりませんし、アロマセラピストに相談してみることをおすすめします。

アロマセラピストは精油はもちろんのこと人間の心と体のことも勉強を重ねてきたプロなので、カウンセリングによってひとりひとりにもっともふさわしい精油をおすすめしてくれます。女性ホルモンの分泌が滞っている原因は人によってさまざまなので、そこを的確に判断して正しい精油を用いることも大切です。

アロマでセルフケアする!

アロマセラピストにきちんと相談をしたら、自宅でのセルフケアに挑戦してみるのも良いでしょう。最初はアロマポットなど買わなければいけないものもいくつかありますが、一度揃えてしまえば長年使用することもできます。

日々、誰しもさまざまなストレスにさらされているものですが、それを積極的に解消しようという意志がある人とそうでない人ではキレイに差ができるのは当たり前です。ストレス発散でオールナイトで飲み会などをしていてはお肌も荒れるばかりです。一方、ストレスを解消できてなおかつキレイになれる方法だって本当はあるのです。アロマを賢く利用して女性ホルモンをどんどん分泌させ、身体の内側から美しくなる生活を目指しましょう!

PAGE TOP