COLUMN健康美コラム

体の内側から、紫外線対策

今回のコラムを担当させて頂きます、池袋店山口です。

 

1年の中で6月が一番、紫外線が強いということはご存知でしょうか?

だからこそ対策は必須なのです。

帽子・日傘・日焼け止め・サンブラス・美白化粧品……は、もちろん大切です。

しかし、意外と忘れがちなのは『食事からのケア』。

シミ・シワ等の老化の原因となる活性酸素を抑える効果のある、

食物を摂ることで体の内側からも紫外線対策をしましょう。

 

【βカロチン】……活性酸素を抑制

ほうれん草・小松菜・モロヘイヤ・春菊・緑色の野菜・にんじん等

 

【ビタミンC】……皮膚に必要なコラーゲンの合成を促進

ブロッコリー・カリフラワー・苺・赤ピーマン・芽キャベツ等

 

【ビタミンB2】……皮膚の新陳代謝を高め、丈夫にする

レバー・うなぎ・イワシ等

 

【アミノ酸】……出来てしまったメラニンを減少させ、シミが出来るのを抑制する

ハチミツ・ネギ・卵・豚肉等。

 

【亜鉛】……皮膚の抵抗力を高める

レバー・うなぎ・牡蠣・鶏のささ身等

 

【リコピン】……紫外線によるシミや肌荒れの予防効果がある

トマト・赤いグレープフルーツ・スイカ等

 

キャロリーヌでは、『内面』『外面』『精神面』の3方面にこだわっていますが、

そのうちの『内面』である食事から“美しくなるということも重要です。

PAGE TOP