COLUMN健康美コラム

格言『老化は足から』

ウォーキングマシン

こんにちは。

今回のコラムを担当させていただきます、鹿山です。

 

『老化は足から』

昔からよく耳にした言葉です。

私は40歳後半に差し掛かった辺りから、階段を上がるのがきつく感じられるようになり、

疲れが取れにくくなりました。

 

では、なぜそのような症状がでるのでしょう……。

 

それは足の筋肉量が減少することによって引き起こされます。

実は、20代の足の筋肉量が100%としたならば、40代になると70%。

約1/3も減少してしまうのです。

足の筋肉の衰えは、上半身の数倍の早さで進んでしまうのだそうです。

足が年々むくみやすくなった。足先が冷えて眠れない。

と、いった症状もそれらによるものが多いのです。

筋力がないと熱を発生する力が弱くなりますし、足先に流れた血液やリンパ液・水分も

足の筋肉の弱化により上部に押し戻しにくくなります。

更に、細胞の新陳代謝に必要な成長ホルモンは年々減少していきます。

特に若返り成長ホルモンと言われているマイオカインは、実は足の筋肉から分泌されるそうで、

筋肉を鍛える事によって、見た目さえ若返らせることが出来ることがわかったのです!

 

40代以降が行う運動のメリットは、若い世代のよりも多いと言われています。

ある程度の年齢に差し掛かったら、足の筋肉を鍛えなければいけない!! ということですね。

 

では、具体的には何をしたらいいのでしょうか?

ジムに行ったり、ジョギングをしたりするのもいいですが、

気軽に始められる。ということで、普段の生活を少し見直してみるとよいかもしれません。

エレベーターをやめて階段を少し早めに駆け上がってみたり、

一駅早く降りて家まで徒歩で帰宅してみたり、車ではなく自転車で買い物に行ってみたり……。

まずは続けられることからスタートしてみるとよいですね!

PAGE TOP