COLUMN健康美コラム

“よく噛む”ことで若返り?!

こんにちは(*^_^*)今回は相良がコラムをお送りします。

さて、今回は耳寄りな情報です!!テーマは女性の永遠のテーマでもある「若返り」☆数ある若返り方法の中でも自宅で簡単にできて、とても効果的な方法をご紹介します(*^^)v

 

“噛む”

現代人は昔と比べて咀嚼回数が減ってきています。リンゴよりもみかん。固焼きせんべいよりスナック菓子、繊維質の多い黒っぽいパンより精白粉のふわふわの白いパンを好み、口の中ですぐ砕けるものや、何回も噛まなくても飲み込める柔らかい食品が多くなりました。

噛むことは単に食物を細かく砕いて吸収しやすくするという事だけでなく、実は重要な生理作用があるのです。

DG093_L

1、肥満予防

良く噛むことによって脳の血液循環が良くなり、食物の持つ味が舌に十分に伝わり、美味しかったという食事に対する充実感が得られます。また、適正な食事量で満腹感が得られ、過食が防げ、肥満や糖尿病を防ぎます。

 

2、有害物質の無毒化

さらに噛む運動によって唾液の分泌が旺盛になりますが、この唾液には食物に付着している細菌や有害物質を無毒化する作用があり、更に癌の発生を抑制する働きがあることも突き止められています。

 

3、若返りホルモンの分泌

噛むという動作で、耳下腺からは若返りのホルモンと言われるパロチンの分泌も旺盛になります。

 

本当、“噛む”ということは良い事ずくしなんです!普段から固い物を良く噛んで食べるという習慣が健康を守る大事な基本です\(^o^)/

DG046_L

テレビやスマートフォンを見ながら食事をしがちな現代人。何かをしながらだと、つい意識が分散され、噛む回数が減りやすくなりますが、皆さんも、もう一度「良く噛む」という事を意識して食事するようにしてみてくださいね☆

PAGE TOP