COLUMN健康美コラム

花粉症がツライ時に摂りたいもの、摂らない方がいいもの

春ですね♪コートをスプリングコートに変えて気持ちも弾む季節ですが、花粉の飛び交う季節でもあります(T_T)

 

スギ、ブタクサ、イネ、ヒノキなどの花粉に対するアレルギー反応が過剰になってしまった状態“花粉症”は、体の免疫システムが花粉に過剰に反応するアレルギー疾患。

マスクやメガネの他に食習慣の面から対策できるとしたら試してみたいですよね。

 

 

◆「発酵食品が良い」その理由とは……

花粉症に良いと言われる食べ物として有名な“ヨーグルト”。乳酸菌を含むヨーグルトはおなかの調子を整える作用があると言われてますよね。腸は食べ物を消化・吸収するだけでなく、免疫を司る器官でもあります。免疫がうまく機能しないとアレルギー症状が強くなりやすいので、おなかの調子を整えることは花粉症対策の基本といっても過言ではありません。ヨーグルト以外には漬け物、納豆、キムチ、チーズといった腸にうれしい発酵食品を意識して摂るのもいいでしょう。

 

 

◆いつも飲んでいるドリンクを変えてみる

腸の状態を良くするのに、乳酸菌飲料を取り入れるのもおすすめです。ただし、砂糖が多いとおなかの中で悪玉菌が増えてしまうので、砂糖が少ないもの、砂糖が入っていないもの、カロリーオフのものを選ぶようにしてください。それ以外には、アレルギー反応を抑えると言われているルイボスティー、カモミールティー、しそジュース、はと麦茶、粘膜をガードする成分が期待できる緑茶なども試してみる価値あり。いつも飲んでいるドリンクを変えるだけなら簡単に取り入れられそうですね。

 

 

 

◆花粉症の時期に控えたいものはコレ

花粉症の症状が出ている時に控えたいものは“お酒”です。アルコールを摂取すると体内でアセトアルデヒドという物質が生成され、ヒスタミン(アレルギーの原因物質)を作る脂肪細胞を刺激するのだとか。ヒスタミン量が増えるとアレルギー反応が強くなるので、くしゃみや鼻水、目のかゆみがひどくなってしまう可能性大。おつきあいで仕方がないとき以外、お酒は極力避けた方がいいでしょう。また、腸内環境を悪化させるインスタント食品、コンビニ食なども控えるのがベターです。

PAGE TOP