COLUMN健康美コラム

花粉の季節!

こんにちは!良い天気ですね(^^♪こんな日は・・・花粉が・・・・・・(T_T)
あちこちから鼻をすする音や、くしゃみが聞こえてくるこの季節。花粉に悩まされている方も少なくないでしょう。
目や鼻がむずむずして、「外へ出るのがおっくうになる」なんて声もちらほら聞こえてきます。
 
6d996a37ae3c08e6b812d6816652bded_s

◆とにかく花粉をオフ!これが一番の対策です
 
花粉対策の第一歩は、外出時のマスクや眼鏡の着用です。なるべく身体に取り込まれないようブロック。さらに、できるだけ花粉を室内に持ち込まないことがマストです。洋服や髪につきにくくするために、花粉を寄せ付けにくくする専用のスプレーを活用しましょう。さらに、帰宅時にはお家に入る前に頭や身体をササッとはたいて花粉を落とします。花粉は目に見えない場合が多いので、実際についているか分かりづらいですが、これだけでも違ってきますよ。また、お布団を外に干さない工夫も。UVセンサーでダニやカビ対策ができるクリーナーがあるので、ぜひ使ってみてください。
 

◆内側からできる花粉対策もあります
 
私たちの身体は、花粉という異物(アレルギー物質)が取り込まれた際に、受け入れるか排除するかの判断をします。排除するジャッジをした場合、これに反応する仕組みが発動。次に花粉が取り込まれた時に、鼻や目の粘膜にある細胞から化学物質(鼻水や涙)が分泌され、くしゃみで吹き飛ばしたり、涙で流そうとするのです。この症状をやわらげるためには、免疫力を高めておくことが必須!「ヨーグルトを食べるといい」「規則正しい生活をする」「たっぷりと睡眠をとるように」と言われるのはこのためです。この機会に生活を見直してみるのもいいですね。ただし、ひどいようなら無理はせず、クリニックに相談をしましょう。
 

◆自覚症状がなくてもお肌のお手入れは念入りに
 
花粉症の症状が出る出ないに関わらず、お肌のお手入れはより気をつけたいこの季節。肌表面に付着した花粉によって、肌あれを引き起こす場合があります。そこで避けたいのは「すっぴんで出かけること」。肌が露出した状態だと花粉がダイレクトに肌に付着して、乾燥の原因となります。ファンデーションがのっていれば花粉が付着しにくくなりますよ。帰宅したら肌に負担の少ないクレンジングで、メイクも汚れも花粉もしっかりオフしてから、きちんと保湿をします。季節の変わりめでお肌も免疫力が失われがちなので、丁寧なケアをしてあげましょう

C12W9649

PAGE TOP