COLUMN健康美コラム

カサカサ粉吹き乾燥ボディ撃退!春に向けて潤いボディへ♡

こんにちは!寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
毎年インフルエンザやウイルス性胃腸炎などにかかる方が多くなるこの季節。その原因の一つは乾燥ともいわれています。
そしてお肌もとても乾燥しやすい時期。お顔のお手入れは気にして入念にしていても、ボディはついついサボってしまいがち。
気が付いたら粉が吹いたり、白く固いガサガサ肌になっていたり・・。
「ボディクリームをササッと塗って終わり」「面倒だから何もしていない」なんて方も少なくないでしょう。ところがカサついた手足は、スパ、ジム、ヨガスタジオ、その他、ふとした場面で案外見られているもの。恥ずかしい思いをする前にケアをしてみましょう。
 
フットマッサージ小 (2)


◆保湿感をしっかりと実感できるベストタイミング
 
カサカサ肌にクリームをつけたとき「塗りにくい」または「なじみが悪い」と感じたことはありませんか?保湿感をしっかりと実感するのにベストなタイミングは、お風呂上りのお肌が柔らかいとき。すべりが良くなるので伸びが良くなり、ムラなく全身につけられます。水分が不足していると感じる時は化粧水を軽くつけてからクリームを塗るのがおすすめです。それでも足りない場合は、お風呂上がりの濡れた肌か化粧水をつけた肌にオイルをなじませます。ベタつかない程度で十分。オイルが肌を柔らかくしてくれる&ブースターの役割をしてくれて、美容成分が浸透しやすくなりますよ。

 
◆ヒジ、ヒザ、カカトはより入念に
 
角質が分厚くなりやすいパーツは、お風呂で定期的にスクラブケアをしてあげてください。力を入れすぎずやさしくこするだけで大丈夫。お風呂上りは化粧水とクリームでうるおいをプラスします。特にカカトは乾燥がひどくなるとひび割れを起こす場合も。見た目が悪いだけでなくストッキングを引っ掛けてしまうので要注意!ひどい場合は足用のやすり等で優しくお手入をしてくださいね。余分な角質を落とした後は保湿をお忘れなく。
 

◆意外と盲点!内側からのアプローチもお忘れなく
 
外側からのアプローチも大切ですが、内側からのうるおい補給もお忘れなく。水分を控えたくなる冬でもこまめにお水を飲みましょう。また、良質な油分でしっとり感をプラスすることも大切。アボカド、素焼きのナッツ類、亜麻仁オイル、エゴマ油といった質のよい油分を食事に取り入れてみてください。

如何でしょうか?乾燥しやすいこの時期も一手間かけて、潤い美肌ボディを手に入れましょう☆
そしてピンチの時手っ取り早く全身潤うにはキャロリーヌの全身リンパマッサージおススメです♪

オーダーメイド

 

PAGE TOP