COLUMN健康美コラム

うっかり日焼けとアフターケアのお話し

DG052_L

美容コラム、今回担当は本橋です!(^O^)/
今回のテーマはうっかり日焼け、そしてアフターケアです!

皆様、紫外線ケアしていますか?
地球温暖化が進み今年は特に猛暑日が多いですが、年々オゾン層も薄くなり紫外線も益々強くなっていることをご存知でしょうか?

それに伴い、近年ではUVカット剤の種類もかなり増えました。
以前はオイルの臭いのする、ミルクタイプで白残りしやすいものが多かったのですが、
今はサラサラのウォータータイプ・ファンデーションのようなパウダータイプ・お化粧の上からもできるスプレータイプなど沢山ありますよね。でも、どのUVカット商品にも必ず書いてある “SPF”と“PA+”・・・よく見るけど、、、どういう意味かお分かりになりますか?『とりあえず数値の高い方を買っておけば良い』と思っている方がおりましたら是非今日のコラムをしっかり読んでくださいね(*^_^*)

私たちが浴びている紫外線にはUVAとUVBがあります。

★UVA・・・私たちが浴びている紫外線のほとんどが、UVA波になります。UVAはお肌の破壊力は弱いですが、波長が長く浸透力も高いのでガラスの窓を通り越しお肌の深部にまで到達します。表面的には分かりづらいですが、お肌の深部のコラーゲンを破壊するためシワやたるみの原因になります。

このUVA波を防ぐレベルの表記がPAです。効果の目安は以下の通りです。
PA+・・・効果がある     
PA++・・・かなり効果がある     
PA+++・・・非常に効果がある     
PA++++・・・PA+++極めて高い効果がある

 

★UVB・・・放射量としてはUVAの1/10くらいの量ですが、お肌の破壊力は強く、お肌の表面が火傷のような赤くヒリヒリした状態になり、シミやそばかすの原因になります。

SPF・・・上記のUVB波をお肌に何もつけない状態で浴びると、およそ20分でお肌が赤くなりヒリヒリしてきます。この状態を SPF1 という基準にした場合、「赤くヒリヒリ」してしまうまでどのくらい時間がかかるか、を表しています。例えばSPF50の場合、SPF1(20分)× 50 = 1000分(16.6時間)

ただ、ここで注意して頂きたいのはあくまで平均的な日射量でのお肌が焼けてくる「時間」であって、紫外線の強さに比例しているわけではない、という事です。また、海に入ったり、汗でUVカット剤が落ちてしまうと効果が落ちてしまうので、こまめな塗り直しが必要です。

SPFの高いUVカット剤はその分お肌への負担が大きいのでその場所・状況・滞在時間にあった商品を使い分けましょう。

紫外線はシミはもちろん、シワ、たるみ、敏感肌、毛穴の開き等の肌トラブルの原因になりますし、お肌の老化の原因の8割は紫外線とも言われています。

うっかりと忘れがちな
アゴの裏、うなじ、髪の分け目、足の甲、、、忘れずにしっかり塗って紫外線を防ぎましょう!


紫外線対策をしていても、日々のことだからどうしても日焼けをしてしまう・レジャーで焼けてしまった、、、という方もいらっしゃると思います。

今日は日焼けをしてしまった後のアフターケアもご紹介致します!

日焼けはヤケドのような状態です。

まず鎮静から!炎症によるほてりや赤味を鎮めます。カーマイン化粧水や鎮静効果のあるパックでお肌を落ち着かせましょう。

次に保湿です。水分蒸発や紫外線のダメージにより外側からも内側からも水分が少なくなり乾燥状態に。お化粧水を2度付けしたり、十分な保湿をしましょう。

最後に美白。コンディションが整った状態でシミの元になるメラニンを抑えてあげることが必要になります!お化粧はもちろん美白美容液やパック等のスペシャルケアを心掛けましょう。

まだまだこれから紫外線が強くなってきます。アフターケアで秋口も綺麗なお肌を保ちましょう。

PAGE TOP